2013年04月06日

永遠の0

 先日 ミリオンセラーになっている百田尚樹さんの「永遠の0(ゼロ)」を読み終えた。本の帯によると売り上げ170万部を突破しているらしい。読みやすい文体で、読者をひきつけるストーリー構成はすばらしく、いっきに読み終えた。戦史に関しての記載は詳細でわかり易く、一般の方が「太平洋戦争」や「特別攻撃」とは何なのだったかを理解するにも優れた本であると思う。ストーリーに関して私が感動を覚えた部分は多々あるが、まだ読んでおられない方のためにもここでは触れないことにしたい。
 ただ 私にとってストーリーとは別に気になる部分が何点かあったのでここで述べたい。本書は、佐伯健太郎と慶子の姉弟二人が、特攻で死んだ祖父の話を、祖父の生前を知る特攻隊の生き残りのかたに順番にインタビューしていく構成であるが、その中で一つの疑問に関して話し合うシーンがある。「どうして当時の日本軍の将官たちは、このような場当たり的な戦略で若い命を粗末にしたのだろう」「日本軍の技量が格段に優れているにもかかわらず、劣勢に追いやられる日本軍、そこには、司令官の臆病な判断が多い。対する米軍の司令官の判断は勇気に満ちたものが多い」「この調査を通して感じられるのは、上級参謀や長官 司令官など50歳以上のひとの非常に官僚的な思考である・・・」「彼らは 日露戦争以降、40年間 戦争を実体験していないし、じつは彼らは自分たちの軍隊での昇進昇格に最大の関心があったのではないか」というものである。昇進昇格するには とにかく失敗をせず、上司に気に入られることである。失敗を極度におそれ、それゆえ失敗から学ぶことをしなくなる。責任回避がいつでもできるように自らの責任を最小化するように行動する。仲間とは失敗をかばい合う。現場は、いつも混沌としており、大変な状態であるがあえてその現場を知ろうとしないで常に組織内部の上司ばかりをみている。というような考察が記載されている。史料によると1945年当時の日本軍の規模は720万人(陸軍550万人 海軍170万人)これだけの数の人間が完全なピラミッド型組織にて階級支配されていた。恐ろしくおおきな官僚組織である。結果責任かもしれないが、大敗北をきしたミッドウェイの南雲長官、ガダルカナルの辻正信、インパールの牟田口中将、真珠湾攻撃をだまし討ちにしてしまった当時の米国大使館の官僚たち、いずれも責任を追及されていない。この傾向は、現代の社会や企業の中でもよくみられるものであり、特に自分がそういう年齢であるのでこの状態は痛いほどよくわかる。日本には、未だに失敗から学べない悪習も残存している。もっと素直に、崇高な目的のために仕事をし、それを達成することで人生の満足感を得たいものだ。いつのころからか、人を肩書きで測り、自分の肩書きに満足するような情けない人生に陥ってしまっている自分に本書は気づかせてくれた。肩書きは、目的遂行のための手段でしかないのに。手段を人生の目的にしてはいけないのである。日本では、1945年8月15日をもってこの強大なヒエラルキー支配が一瞬にして消滅してしまうのである。では 太平洋戦争の本来の目的は何処にいってしまったのだろう。それを、戦後68年たった現在 未だに議論しているのが日本の実態である。
 もうひとつは、本書の後半に出てくる戦後の大阪駅前の傷痍軍人たちの描写である。国家のために戦い傷を負った人たちの前を、まるで汚いものでも見るように通り過ぎる人たちがいる。私自身は 終戦13年後に生まれた「戦争を知らない子供たち」であり、ものごころついたときにはすでに日本は高度成長期に入っていた。しかし 今でもたまに思い出すシーンがある。それは、近くの大きな神社のお祭りの日の参道にいた傷痍軍人の姿である。白い服をきて包帯をまいた足や手のない人、目の見えないひとが痛々しそうにお金を乞うていた。彼らの横には悲しいメロディーを奏でるアコーディオンの響きがあった。小学生の私はその前を通るのがものすごくいやで、目をつむって通り過ぎた。あとから何か悪いことでもしたようにはげしい動悸がしていたのを強く覚えている。大人たちの中には彼らにいくばくかのお金を渡す人もいた。私はいったいどうしたらいいのか、どう考えたらいいのかよくわからなかった。そばにいた親に聞くのもなにやらはばかられた。たしかに当時はまだ戦後は終わっていなかった。その光景は、私の中では、まったく理解を超えた世界だった。そして、自分が大人になったとき傷痍軍人の姿はもう何処にもなかった。でも いまでも過去の戦争にまつわる話に接するとき、私の心の中ではまだあの物悲しいアコーディオンの音が響く。今度はその音から逃げないで、その悲しい音色が消えるまで私は歴史をひも解きたいと思う。悲しみが「永遠に0」にならなくても。

posted by Kogame3 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史認識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64574808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック